知的財産権とは・・

知的財産権とは

 知的財産権(Intellectual Property)とは、人間の知恵により生み出された財産上価値のある創造物や営業標識などに与えられる権利の総称をいいます。主に、「著作権」と「産業財産権」(従来の工業所有権)に大別され、無体財産権、知的所有権ともいわれます。

 これまで、著作権は文化庁が所轄し、産業財産権は特許庁が所轄していた(現在もそうですが) ため、いわゆる縦割り行政の中で別々に扱われ議論されていました。それが、小泉内閣における「知的財産戦略大綱」に基づき、平成14年に「知的財産基本法」が成立したことで、初めて「知的財産」が法律上定義され、著作権と産業財産権が同 じテーブルで議論されるべき知的資産となったのです。

 また知的財産制度は、これら知的創造物や営業標識などについて、一定期間に限り排他的な独占権を認めることによって、産業の発達文化の発展を図ることを目的としています。それぞれの目的に対して、産業財産権と著作権等に分類されることが一般的です。

 以下に、典型的な分類例を挙げておきます。

分類保護対象内容根拠法

 

 

 

 
産業財産権特許権発明自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの特許法
実用新案権考案自然法則を利用した技術的思想の創作実用新案法
意匠権デザイン物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるもの意匠法
商標権商標、サービスマーク文字、図形、記号、立体的形状、色彩を利用したもの商標法
著作権著作(財産)権著作物思想・感情を創作的に表現したもの著作権法
著作者人格権上記を創作した著作者のみ持つ権利
著作隣接権
(一部、著作者人格権も保有)
著作物の伝達媒体実演家、レコード製作者、放送事業者、有線放送事業者の権利
半導体集積回路配置利用権回路配置独自に開発された半導体集積回路の回路配置そのもの半導体集積回路の回路配置に関する法律
新品種育成者権植物品種植物の新品種の育成者の権利種苗法
営業秘密等の保護権営業秘密、ノウハウ秘密管理・有用性・非公知性を備えた営業上の秘密・ノウハウなど不正競争防止法

Comments are closed.