商標とブランド

商標とブランド 「商標」を簡単に言うと、企業や団体が商品やサービスを他人のものと区別するために、 自分がそれを生産・提供したのだと主張し表現したマークや形状、色などのこと。このうち、有名なものを日本では「ブランド」と呼びます。

 ブランド作りに商標は避けて通れないものとなっています。なぜなら、「業務上の信用」を維持することが目的なのが商標であり、その信用の究極がブランドだからです。企業にとってのブランドの重要性が高まっています。

◆ 商標とブランド
商標とは? 商標法によると、「文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合」を 『標章』といい、これを「」として使用するものを『商標』といいます。

 商標と一口にいっても、狭義には2つの意味合いがあります。

【商標】
 ①登録商標(レジスタード・トレードマーク®
 ②未登録だが商標として使用(ネーミング、トレードマーク
ブランドとは? 経済産業省企業法制研究会(ブランド価値評価研究会)によれば、「企業が自社の製品等を競争相手の製品等と識別化または差別化するための ネーム、ロゴ、シンボル、パッケージ・デザインなどの標章」をブランドと定義しています。

  商品がブランド商品になるためには、次の商標機能が最も働いた場合といわれています。

 ①出所表示 … 誰が売っているか
 ②品質保証 … ウチが売っているから間違いありません
 ③広告宣伝 … これはウチが販売しているものです
ブランド価値 今や「苦しいときの商標頼み」といわれるほど、商標→ブランドの価値を高めることが経営戦略にさえなってきており、ブランド管理の強化や財産として活用する動きが目立ってきています。

 商品価値を高めるブランドは、担保にさえなり得ます。また、市場や消費者が感じ取るブランド価値や、企業のビジョンを象徴したブランド戦略など、長期的な展望に立っての「商標の権利化」は有効な知財戦略と考えます。

※当事務所では、「商標の権利化」に関する専門の弁理士を紹介させて頂きます。
ブランド戦略ネーミング戦術
 「ネーミング」は、企業が自社の保有する製品をどうブランド化し、育成し、活用するかの重要な戦術の1つです。ネーミングの仕方ひとつで製品の売上げは大きく変わってきます。

 ネーミングのコツは、候補を考え選択する人を適正に人選し、

①できるだけ多くの候補を挙げる(数10種類程度)
②5種類程度に絞り込む → 商標調査(登録されていないかどうか)を繰り返し、これだ!と思ったら素早く商標登録申請を行う

だそうです。

※但し、「不正競争防止法」には注意が必要です!

 


Comments are closed.