遺産分割協議

遺産分割協議 遺言がない場合は、法定相続分割割合に従って遺産を分割する方法と、相続人間の話し合いによって分割する方法があります。後者の場合、話し合いで全員が納得すれば、どんな割合で分割してもよく、法定相続分通りでなくてもよいのです。

 このようにして、相続人全員の意思の合致があったとき遺産分割協議書を作成します。全員の実印押印と印鑑証明書が必要となります。これは、不動産や預貯金、自動車等の名義変更の時に必要になります。

遺産分割協議における考慮点

 遺産分割をするに当たっては、次の点について確定する必要があります。

1.相続人の確定

 話し合いをする時点で誰が相続人かはほぼわかっていると思われますが、念のためほかに相続人たる資格のある者がいないか調査をする必要があります。

 例えば、被相続人に認知された隠し子がいた場合、その者を外して分割協議を行うことはできず、仮に成立させても無効になります。

2.遺産の範囲の確定、評価

 遺産とは、被相続人の財産に関する一切の権利義務を言います。したがって、現金、預貯金、有価証券、土地・建物、自動車、貴金属等に加え、借金も遺産(相続財産)に含まれます。

 以下に、遺産分割の対象となりうる「相続財産」であるかどうか問題になりやすいものを挙げておきます。

 (1) 生命保険金
 被相続人自身が被保険者である場合
①受取人として特定の相続人を指定していた場合
→ 当該相続人(受取人)の固有財産であり、相続財産とならない
②受取人が被相続人自身である場合
→ 相続財産となる
 (2) 死亡退職金
 通常、死亡退職金の受給権者は法令や企業内の退職金規程などにより定められており、これらは受給権者固有の権利として相続財産となりません。
 (3) 遺族年金
 遺族年金の受給権者は法律で定められており、受給権者固有の権利として相続財産となりません。
 (4) 祭祀財産
 系譜(家系図など)、祭具(仏壇・位牌など)及び墳墓(墓石や墓地の所有権など)といった祭祀を営むために必要な財産は、特別な規定があり(民897条)、相続財産となりません。
①被相続人の指定 →②慣習 →③家庭裁判所 の順で祭祀承継者が決まる
 (5) 香典
 喪主に対する贈与として解釈されており、相続財産とはなりません。
 (6) 身元保証債務
 身元保証人と身元本人の間の信頼関係に基づくものであり、一身専属的なものとして相続の対象とはなりません。したがって、身元保証契約は身元保証人の死亡により消滅します。

 相続財産の評価ですが、その評価の時点については相続開始時(被相続人の死亡日)と実際の遺産分割時という2つの考え方があります。直ちに遺産分割の協議に入れればいいですが、何かしらの問題が発生し調停や審判を経ることによって数年が経過してしまうと財産価値に大きな変動を及ぼす可能性があります。よって、実際の遺産分割時点での時価で行うほうが公平であるといえます。

 但し、相続人全員の合意があればどの時点のどの評価基準で評価しても自由です。

3.具体的な相続分の確定

 遺言がなければ法定された相続割合で、遺言があればその内容に従って相続財産を分割することになりますが、相続人全員の合意があれば必ずしも法定相続分や遺言による指定相続分に従う必要はありません。

 協議がまとまらないとき又は協議ができないときは、家庭裁判所に対して調停、審判による遺産分割を請求することができます。

遺産分割協議書の作成

 各相続人の間で遺産分割の話し合いがまとまったときに「遺産分割協議書」を作成します。不動産の登記や銀行預金の名義変更をする際などに必要となりますし、後日の紛争を未然に防止する観点からも大変重要といえます。

 遺産分割協議書は、書式や用紙など特に決まったルールはありません。以下にサンプルを掲載します。

遺産分割協議書


 被相続人○○太郎(平成△年△月△日死亡、本籍地□県□市□町△丁目△番△号)の遺産分割について、共同相続人である妻○○花子、長男○○一郎、長女◇◇幸子の3名は、遺産分割協議を行い次のとおり合意した。

1 相続人妻○○花子は、次の遺産を取得する。
  □県□市□町△丁目△番△号所在
  宅地△△△.△△平方メートル
  家財道具 一式

2 相続人長男○○一郎は、次の遺産を取得する。
  ○○株式会社の株式△,△△△株

3 相続人長女◇◇幸子は、次の遺産を取得する。
  ○○銀行本店 定期預金 口座番号△△△△△△△ 金△△△万円

4 前記2、3を除く他の一切の遺産は、相続人妻○○花子がすべてこれを取得する。

5 後日、新たに判明した遺産は、相続人全員であらためて協議する。

以上、相続人全員による協議の成立を証するため本書3通を作成し、各相続人において署名及び実印による押印の上、各自1通を保有する。

平成△年△月△日
                      住所 □県□市□町△丁目△番△号
                      氏名 ○○花子 (実印)
                      住所 □県□市□町△丁目△番△号
                      氏名 ○○一郎 (実印)
                      住所 □県□市□町△丁目△番△号
                      氏名 ◇◇幸子 (実印)

※ 各相続人は自筆で署名し、実印を押印し「印鑑登録証明書」を添付します。
※ 住所は、住民票に記載されているとおりに記載します。
※ 本書が複数枚になったときは、全相続人が契印します。

ご相談はこちらまで

※当事務所では、遺産分割協議書の作成も承っております。お気軽にご相談ください。

Comments are closed.